関西の世界遺産

案内とガイド、関西の世界遺産の話題など♪

法隆寺地域の仏教建造物

法隆寺(ほうりゅうじ)

2017/08/10




法隆寺地域の仏教建造物、法隆寺の基本情報です☆法隆寺(ほうりゅうじ)は日本の世界遺産第一号です、奈良県生駒郡斑鳩町にある聖徳宗の総本山です。

法隆寺の歴史

法隆寺の別名を斑鳩寺(いかるがでら)といいます。創建年は607年といわれています。 聖徳太子ゆかりのお寺です。

 

境内は西院と東院にわかれており、 西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物群。 五重塔・金堂、次に百済観音像・玉虫の厨子などが安置されている大宝蔵院、 百済観音堂で宝物を拝観し、その後、夢殿の東院伽藍へ。

 

東院伽藍は太子が住んだ斑鳩宮だとされ、太子が亡くなった地です。 夢殿の名の由来は、太子が夢殿の中で瞑想中に、 仏があらわれ経典の疑問に答えてくれたという逸話によるもの。 夢殿は八角円堂(はっかくえんどう)の建造物。 同じ八角円堂の建造物は同じく法隆寺の西円堂、 興福寺北円堂、栄山寺八角堂などがあります。


没後20年後、太子一族は蘇我入鹿に攻め込まれ、 嫡男山背大兄王はじめ一族は自刃、滅亡してしまいます。 夢殿も焼け落ち、跡地は長く荒廃したままとなっていましたが、現在の夢殿は739年行信僧都が建立したといわれています。

 

法隆寺の横には中宮寺があり、聖徳太子が母の穴穂部間人皇女の為に建立した尼寺です。

斑鳩の里

斑鳩の里は飛鳥時代に聖徳太子とその一族が暮らしていた場所です。 法隆寺を中心に法起寺、中宮寺、法輪寺があります。JR法隆寺からぐるっと廻れます。


バスもあります。 休日を一日斑鳩の地ですごすのもいいですね♪駅近くにレンタサイクルショップもあります。 斑鳩の里は歴史的景観と田園風景が一緒になった風光明媚な場所です。ゆっくり散策もサイクリングにもGood!

法隆寺の金剛力士像


重要文化財の法隆寺の吽形と阿形。造像されたのは771年(和銅4年)。吽形(うんぎょう)の右手、阿形(あぎょう)の左手、2体の表情と朱色のボディ。力溢れるダイナミックな日本最古の阿形&吽形です。

夢守り

法隆寺には「夢」と書かれた夢守りが売っています。

法隆寺までの交通案内

JR大和路線法隆寺駅下車。 徒歩で20分。または奈良交通バス(72系統)で、 法隆寺駅バス停→法隆寺門前バス停→徒歩1分で法隆寺南大門。

 

□JR・近鉄王寺駅下車。 奈良交通バス(62・63・92系統)で王寺駅北口→法隆寺前バス停徒歩3分。

 

□近鉄橿原線筒井駅下車。 奈良交通バス(63・92系統)で筒井駅バス停→法隆寺前バス停徒歩3分。

 

□近鉄橿原線近鉄郡山駅下車。 奈良交通バス(50・51・52・97・98系統)で近鉄郡山駅バス停→法隆寺前バス停徒歩3分

近くの文化施設

斑鳩文化財センター:藤ノ木古墳や斑鳩町の文化財のガイダンス施設。無料です。毎週水曜日と年末年始が休み。
斑鳩町法隆寺西1-11-14 TEL 0745-70-1200

藤ノ木古墳

藤ノ木古墳は法隆寺の西350mにある円墳です。直径約50m、高さは9m、6世紀後半築造。横穴式石室の水銀朱が塗られた家形石棺内に成人男性2名が合葬されていた。被葬者は穴穂部皇子と宅部皇子、もしくは崇峻天皇と考えられる。

法隆寺の住所とサイト

住所 〒636-0115 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1の1

法隆寺ホームページ⇒ http://www.horyuji.or.jp/

世界遺産~法隆寺~の基本情報でした。

一緒に見たい法隆寺地域の仏教建造物の⇒ 法起寺


スポンサーリンク

-法隆寺地域の仏教建造物