関西の世界遺産

案内とガイド、関西の世界遺産の話題など♪

高野山

金剛三昧院(こんごうさんまいいん)

2016/05/21




金剛三昧院(こんごうさんまいいん)は 建暦元年(1211年)、北条政子の発願により源頼朝菩提のために禅定院として創建されました。

 

承久元年(1219年)、源実朝菩提のために禅定院を改築して金剛三昧院と改称しました。
仏塔古寺十八尊第11番霊場。西国愛染十七霊場第17番霊場。

 

国宝の多宝塔は1223年建立されました。高さ14.9メートルで石山寺にある多宝塔の次に日本で古い多宝塔です。

 

国宝である「多宝塔」をはじめ、重要文化財に指定されている経蔵や本殿、四所明神社など、
古くからの歴史や文化が色濃く残る名跡が多く残されています。

 

【交通案内】
□南海鋼索線高野山駅から南海りんかんバス乗車、『千手院橋』下車 徒歩8分。

 

【運営者コメント】

高野山の数々の中でも一番の人気の宿坊です。精進料理も頂けます。 精進料理は山菜、胡麻豆腐、高野豆腐、天ぷら、飛龍頭など、なかなかにボリュームがあります。 心のこもった精進料理はとても美味しいです♪
【ホームページ】 金剛三昧院(こんごうさんまいいん)

http://www.kongosanmaiin.or.jp/

 


スポンサーリンク

-高野山