関西の世界遺産

案内とガイド、関西の世界遺産の話題など♪

熊野三山

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

2016/05/21




熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は全国に3000社以上ある熊野神社の総本宮です。家都美御子大神(スサノオのミコト)を主祭神とします。創建時は崇神天皇65年と伝わり、斎原に社殿が建てられたのは615年飛鳥の時代です。

 

熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社熊野三山の中心地です。

 

1889年(明治22年)の大洪水で流されるまで、社地は熊野川の中州にありました。
旧社地の中州は「大斎原」(おおゆのはら)と呼ばれ、 日本一高い大鳥居が建っています。

 

 

【交通案内】
□JR新宮駅より1時間20分(熊野交通・奈良交通)、1時間(明光バス)。

 

□南紀白浜空港より1時間24分、JR白浜駅より約1時間(明光バス)。

 

□JR紀伊田辺駅より約2時間(龍神自動車)。

 

□奈良交通十津川特急バスにて大和八木駅より約5時間。

 

いずれも本宮大社前バス停下車。

【ホームページ】 熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

http://www.hongutaisha.jp/


スポンサーリンク

-熊野三山