関西の世界遺産

案内とガイド、関西の世界遺産の話題など♪

参詣道

熊野参詣道(くまのさんけいみち)

2016/05/21




熊野参詣道(くまのさんけいみち)は熊野古道(くまのこどう)として親しまれています。熊野三山 (熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称です。

 

熊野三山への参詣は平安時代中頃からはじまり、 室町時代まで盛んに行われました。 京都から熊野にいたる熊野参詣道は多くの参詣者が列を成して歩んだことから、 ~蟻の熊野詣~と形容されました。
<熊野古道とは>
□紀伊路(渡辺津-田辺)
□小辺路(高野山-熊野三山、約70km)
□中辺路(田辺-熊野三山)
□大辺路(田辺-串本-熊野三山、約120km)
□伊勢路(伊勢神宮-熊野三山、約160km)

 

主に上の5つの道を指します。

 

【運営者コメント】

熊野古道は何度か私も訪れています。歩くのがあまり得意でない人、得意な人、難易度がコースによって違うので確認して下さい。山道ですので雨だとぬかるんで滑ったりしますので注意が必要です。でも森林浴出来ますし、神社に通じる道ということでリフレッシュ出来ますよ。ぜひ一度お試し下さいね。

 

平安後期院政の時代、何人もの上皇・法皇が熊野詣を行っています。 白河法皇は9回、鳥羽上皇は21回、後白河法皇は33回もの熊野御幸を行いました。

 

小倉百人一首の編纂で知られる、平安貴族で歌人の藤原 定家は、 後鳥羽院の熊野詣に随行して「後鳥羽院熊野御幸記」を記しました。

 

つねまるさんのブログ
「後鳥羽院熊野御幸記」藤原定家へろへろ日記が面白いです(^-^*)

 


スポンサーリンク

-参詣道