関西の世界遺産

案内とガイド、関西の世界遺産の話題など♪

吉野・大峯

吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)

2016/05/21




吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)の創祀年代は詳しくはわかっていません。続日本紀にも記述されています。 主祭神は天之水分大神。水の分配をつかさどる神(天之水分大神)を祀る社です。 平安中期の頃から子宝の神として信仰が厚いです。

豊臣秀吉の子、秀頼はこの社の霊験で誕生したと伝えられる。現在の社殿は1605年に秀頼によって創建されました。また江戸時代の国学者本居宣長も、宣長の両親の子守明神への祈願により授けられたといわれています。

 

国宝の木造玉依姫命(たまよりひめのみこと)坐像が本殿に安置されていますが、一般公開はされていません。
 

【交通案内】
□近鉄吉野線吉野駅より吉野ロープウェイ乗り換え「吉野山」下車、徒歩約1時間30分

 

 


スポンサーリンク

-吉野・大峯