関西の世界遺産

案内とガイド、関西の世界遺産の話題など♪

古都京都の文化財

賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)(下鴨神社)

2016/05/21




賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)(下鴨神社)は京都でも最古の神社のひとつと伝わります。

 

続日本紀にさまざまな記録が残されており、 上賀茂神社とともに奈良時代以前から朝廷の崇敬を受けていた。 賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)は鴨川の下流にあることから下鴨神社(しもがもじんじゃ)といわれる。

 

下鴨神社の参道には糺の森(ただすのもり)とよばれる原生林の森があります。 平安の御世から人々に親しまれ、源氏物語、枕草子にも登場します。

 

参道を抜けると朱色が鮮やかな鳥居・桜門が姿を現します。

 

縁結びや子育ての神様として庶民から篤く信仰されています。

 

【交通案内】
□最寄駅:京阪電気鉄道出町柳駅

 

□京都市営バス「下鴨神社前」(1・4・205系統)下車すぐ。
【運営者コメント】
<斎王について>
賀茂御祖神社と賀茂別雷神社には平安時代から鎌倉中期にかけて約400年、 皇女・女王を斎王とする斎院が置かれていました。

 

現代では賀茂御祖神社と賀茂別雷神社の例祭<葵祭>にて、 斎王の代わりとして毎年一般女性が斎王代として選ばれ、 斎王代・女人列らの華やかで可憐な行列が見られます。

 

 

 

【ホームページ】 賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)(下鴨神社)

http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

 


スポンサーリンク

-古都京都の文化財