関西の世界遺産

案内とガイド、関西の世界遺産の話題など♪

古都京都の文化財

龍安寺(りょうあんじ)

2016/05/21




龍安寺(りょうあんじ)は臨済宗妙心寺派の寺院です。 創建は1450年。 創設は細川勝元、開山は義天玄承(ぎてんげんしょう)です。 本尊は釈迦如来。応仁の乱で焼失し、 勝元の子政元が再建されました。その時に有名な「石庭」が作られました。

 

「龍安寺の石庭」として知られる枯山水は敷地に白砂を敷き詰め、 帚目を付け、15個の石を一見無造作に5か所、 点在させただけのシンプルな庭です。 東西約25メートル、南北約10メートル。

 

寺の南側には広大な鏡容池があり、 周囲は回遊式庭園になっています。

 

 

【交通案内】

□京都市営バス、京都バス、JRバス「龍安寺前」下車すぐ。
□京福電鉄龍安寺駅下車徒歩7分。
 
龍安寺の石庭の大小15個の石がなにをあらわすか不明で「トラの子渡し」であるとか、 海に浮かぶ島々をあらわしているなど、 解釈はさまざまです。

あなたは何に見えますか?

 

【ホームページ】 龍安寺(りょうあんじ)

http://www.ryoanji.jp/


スポンサーリンク

-古都京都の文化財