関西の世界遺産

案内とガイド、関西の世界遺産の話題など♪

古都京都の文化財

二条城(にじょうじょう)

2016/05/21




慶長8年(1603)年、徳川家康が造営しました。 後に伏見城の遺講を移し、今の形となりました。

 

15代将軍が大政奉還を行った歴史の舞台で有名です。 城内では見事な絵画・彫刻、また歴史的建造物を鑑賞出来ます。

 

徳川2代将軍秀忠の娘・和子は後水尾天皇へ入内しましたが、
和子は二条城から行列を作り御所へ入りました。「東福門院入内図屏風」としてその様子が残っています。

 

桜・紅葉の名所です。

 

【交通案内】
□地下鉄東西線二条城前駅から徒歩2分。

 

 

【運営者コメント】
後水尾天皇には子供が30人以上おられ、4人がのちの天皇となられています。 和子との子は7人で、和子は明正天皇(女性天皇)の生母になっています。ふたりとも長生きですが、皇子は早世していますし、皇室と徳川家にはさまれた政治情勢を考えたら、なかなか心中おだやかでない、波乱の人生でいらっしゃったのではないでしょうか。

 

【ホームページ】

http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/


スポンサーリンク

-古都京都の文化財