関西の世界遺産

案内とガイド、関西の世界遺産の話題など♪

古都奈良の文化財

春日山原始林(かすがやまげんしりん)

2017/08/16




古都奈良の文化財の春日山原始林(かすがやまげんしりん)。春日山とみかさ山の麓に約1000ヘクタールもの神域が存在します。

春日山原始林

春日山原始林は平安時代の頃から、 春日大社の神域として狩猟や伐採が禁止されていました。原始の状態を維持する照葉樹林は、 特別天然記念物に指定され保護されています。平安時代から人の手が入っていない春日山原始林です。

春日山の草花と生き物

春日山にはモミジ、ナギ、カゴノキ、イチイガシ、イスノキ、サカキ、クロバイ、ヤマモモ、アオガシ、シイノキ、アラカシ、ツクバネガシ、など200種を超える樹木や、カギカズラ、ビナンカズラ、オオイタビ、ヤマイバラ、フジ、ホオノキ、タラノキ、クマノミズキ、シナノガキ、イモノキなど600種以上の草花が生息しています。


また60種類以上の鳥が生息し、鹿、いのしし、狸などが生息しています。若草山や奈良公園、春日原始林に広く生息する鹿は現在約1200頭おり、すべて野生で日本の天然記念物です。

春日山遊歩道

原始林には春日山遊歩道が整備されており若草山山頂へと続いています。 春日山原始林を周回する全長9.4kmの遊歩道です。


一部には並行する石畳の滝坂の道があり、 奈良と剣豪の里・柳生を結ぶ旧柳生街道です。

交通案内

□近鉄奈良駅・JR奈良駅から徒歩。

 

□奈良交通バスに乗り「春日大社本殿」下車。 徒歩5分ほどで遊歩道入り口。 原始林には遊歩道が整備されており若草山山頂へと続いています。

~世界遺産、古都奈良の文化財の春日山原始林


スポンサーリンク

-古都奈良の文化財